RSS

トマトのグラタンにはまっています♪

こんにちは、橋爪です。

そのまま食べても美味しいトマトをグラタンで食べるとこれまた美味しいのです。

ホワイトソースを作るのが面倒と思われがちですが、泡だて器と木べらでかき回すと簡単に作れます。

フライパンに適量のバターを溶かして小麦粉を入れ、混ざったところで牛乳を一気に入れ泡だて器でグルグル回します。

火加減は弱火です。

フライパンの底がもったりしてきたら木べらの登場です。フライパンの底を丁寧に回します。

ここまでの時間は5分くらい掛かるくらいです。

泡だて器で混ぜるから牛乳を一気に入れても大丈夫。ホワイトソースが短時間で出来ます。

別鍋のフライパンで、鶏肉と玉葱を炒めて塩コショウをします。そこへ料理酒を加えて更に炒めます。

塩コショウは多少味が濃いかな程度に入れても、トマトは生のままお皿に敷いてホワイトソースを掛けるから濃くて美味しいです。

最後にパルメザンチーズを振りかけ、オーブントースターで焼き目を付けて出来上がりです。

トマトのグラタン、ぜひお試しください♪

豆苗とシーチキンの和え物♪

こんにちは、橋爪です。

スーパーの野菜売り場で豆苗がぽつんと1袋残っていたので買いました。買った時は家の冷蔵庫のチクワと和えようかと考えていましたが、キャベツ+シーチキン+豆苗にしてみました。

味付けは、マヨネーズとゴマ油と当店の日高こんぶしょうゆ塩分13%です。

全体的に調味料を薄めにしたら、豆苗とキャベツの甘味が美味しく感じました。

先週、土から掘ったばかりの新ジャガイモを貰いました。

ホクホクで本当に美味しいのです。畑の土が良いのかホクホク甘くて、このお芋はご馳走だと思いました。

昨日の夕飯にもお芋料理を作り、皮つきで素揚げにしたお芋にお塩をパッパッと振りかけて、白ゴマのすりたても振りかけて食べました。

シンプルな味付けですが大変美味しくいただきました。

あずき羊羹のことをもう少し書きたいです♪

こんにちは、橋爪です。

すみません、昨日のあずき羊羹の昆布巻きの事をもう少し日記にしたくなりました。

昆布巻きにした羊羹は、中にあずきの粒々があるタイプのを選びました。

実際に食べてみたら多少でも粒々があった方が良いなと思いました。それは羊羹と昆布の食感は少し似ているからです。粒々があるお蔭で少し違いが出たのが良かったと思います。

昆布が好きで羊羹も好きだわ・・・の方には、この昆布巻きは理想の1品だと思います。

そこで作ってみたいけれど今までに昆布巻きを作った事がないとかありましたら、遠慮なくご連絡ください。お待ちしております。

あずき羊羹の昆布巻き♪

こんにちは、橋爪です。

昨日から作っていたあずき羊羹の昆布巻きですが、豚肉にガードされて羊羹をちゃんと具として食べられました。

思った通りの食感で、昆布巻きの味付けの甘さと羊羹の甘さが喧嘩することなく食べられました。

当店の社長が選んだ昆布を使用して作りましたが、昆布が柔らかくお箸が進みました。

比較的私の昆布巻きは味付けが濃くありませんので、噛むほどに中の具と昆布の旨さを味わえます。

今回も(ごぼうと豚肉)(長いもと豚肉)(干ぴょうと豚肉)の昆布巻きを作りました。ごぼうは絶対外せないです。

今年の新作昆布巻きは「あずき羊羹の昆布巻き」で決まりました

今年の新作昆布巻き作ってます♪

こんばんは、橋爪です。

毎年この時期には昆布巻きを作っています。

今年の変わり種で、中の具が「あずき羊羹」にしてみました。

羊羹は柔らかい食べ物だし、煮込んでいるうちに溶けてしまわないかと思いながら火にかけました。

食べごろを明日にと思い、今は火を止めています。

一晩たてば中の具に味が染み込んでくれるのを期待しています。

新しい昆布巻きを作る時、いつも食べるイメージしてから作るようにしています。

まず口に入れて噛んでいるイメージをします。

次にどんな味が最初にくるのかをイメージし、

その次には手間を掛けてでも食べたくなる昆布巻きなのか、周りの人へ食べてみてと言いたくなる味?・・・を一回りイメージして新しい具で作るようにしています。

これは実に楽しいんです。

これまで作った中にはイマイチの具もありましたが、食べるその時まではワクワクしますし、お鍋の中に入っている昆布巻きを見る目つきは大袈裟のようですが、愛しい目つきに近いです。

では、明日初めて食べる「あずき羊羹の昆布巻き」の味のことはまた明日日記にいたします。

気になって、さっきお鍋の中のを突いてみたら、やっぱ羊羹だからかクネクネしてました。でも羊羹をお肉で巻いたせいか横から溶けてはみ出したりはしていませんでした。

それではみなさん、また明日もよろしくお願いします。

極太切り干し大根♪

おはようございます、橋爪です。

十勝へ行ったときに買って忘れていた極太の切り干し大根が1袋出てきました。

この極太の切り干し大根は、乾燥した状態でもかなり太いので一晩水につけて、戻し水は何度も取り換え、戻した水の色がほぼほぼ薄くなった頃で調理しました。

いつも切り干し大根と一緒に油揚げも使うので大揚げ2枚を用意し、太めに切りました。

さすがに太かった。

好みの固さに柔らかくなるまでは1時間くらいかかりました。

少し火を止めておいといたら味の浸透が良かったです。

油揚げの甘味と切り干し大根の甘味が実に美味しかったですよ。料理酒・三温糖・みりん・だしで味付けしました。

それが三温糖の買い置きがなくて、黒砂糖も味付けに使いました。味見をしたら何にも問題なく食べられました♪

黒砂糖があって良かったです。

昆布入りのお餅♪

おはようございます、橋爪です。

昨日お電話を頂いたお客様が家庭用の餅つき機で昆布入りのお餅を作るのに適した昆布はどれになりますか、とのお問合せを頂きました。

お客様は朝ごはん昆布で作った事があるそうで、その場合は昆布が細かい為に昆布がどこにあるのかがわからなかったそうです。

そこで今回は細切昆布をご注文頂きました。

細切昆布は長さがありますから、水で軽く戻してから適度なサイズに切ってお餅に混ぜてはどうかとお話ししました。

ただ、今は商品として出回っておりませんが、以前販売していた「炊き昆布」のサイズならお餅にいけるんじゃないかと思うのです。

少量ですが今回サンプルでお使いいただいて、もしもお餅に合うようなら今後商品としてご用意できるかもしれません。

ご飯をお米から炊くときに適した昆布として、「炊き昆布」を考えたのですが、あまり動きが少ないため現在では取り扱いがない商品です。

当店の昆布をお餅に混ぜてお召し上がりいただけると伺いまして嬉しく思います。

色々なお召し上がり方がある中、みなさんの食べ方を教えてもらって有難いです。ありがとうございます。

それでは、今日も一日よろしくお願いいたします。

かしわぬき風のスープ♪

おはようございます、橋爪です。

店長日記の大半が食べることです。日常の内容をありのままにお伝えしてきましたが、いつも温かくお付き合いいただきありがとうございます。

今日も美味しかったことを日記にしたいと思います。

地元のお肉屋さんの鶏の小肉が好きで時々買ってストックしておきます。この間はその小肉で、「かしわぬき風スープ」を作りました。

北海道釧路市のお蕎麦屋さんには、「かしわぬき」と言うメニューがあります。日高管内のお蕎麦屋さんでは見かけないのですが、15年前に一度食べたら、これが美味しかった♪

それからは鶏の小肉と昆布で味のベースを作って、めんつゆがメインの味付けとなる「かしわぬき風スープ」をちょこちょこ食べるようになりました。

かしわぬきとは、かしわ蕎麦の蕎麦を抜いたものです。

シンプルなんだけど、釧路市に行ってお蕎麦を食べる時は絶対必ず注文しています。お店を選ぶ時も、かしわぬきがメニューになければ違うお店を探します。

この間の我が家では、白滝の小結(キッチンハサミで食べやすいサイズに切ったもの)・きくらげ・・短冊切りの長ネギも入れてスープにしました。

鶏小肉のおダシと日高昆布のおダシが十分いかされているから、ホントに美味しかったです。

様似町で何か汁物がほしいみたいなイベントでもあれば、このスープはイチオシです♪

作り方は簡単なので、みなさんも夕飯に如何ですか?

それでは、今日も一日よろしくお願いいたします。

旨すぎます、ジェノベーゼソース♪

こんにちは、橋爪です。

鶏のもも肉と赤いパプリカを青紫蘇のジェノベーゼソースで味付けして食べました。

色・香り・味、とても旨すぎました。

綺麗な緑色がオリーブオイルと共に器の底を浸し、赤いパプリカの色も映えました。付け合わせに、キャベツと玉葱とレタスの生野菜を添えました。

ワンプレートのランチ風に盛り付けたので、お皿によそったご飯にもジェノベーゼソースがついて、こんなに美味しいんだ・・・と思いました。

青紫蘇は比較的簡単に収穫できる野菜だと思うから、これなら手作りソースがバンバン作れると思うと、食べながら嬉しくなってきました。

今朝プランターを見たら、1回分のソースになる青紫蘇の葉がゆらゆらしてました。週末にでも作ろうかと思います。

今日の様似町は曇りから雨になりました。登山をするなら涼しい方が楽だったような学生の頃の記憶があります。

様似のアポイ岳には毎年多くの登山者さんが訪れます。麓のアポイ山荘さんのお風呂で身体をサッパリしてお帰り頂けます。

レストランのメニューも多いからお楽しみ頂けますよ。お風呂上がりのソフトクリームもお薦めです。

話が飛びますが、帯広の水光園さんのソフトクリームでモカミックスがあります。これがねモカの味がバニラと丁度良くてイチオシです。

では、この辺で本日の日記は終わります。

それでは午後もよろしくお願いいたします。

アポイ山荘のカツ丼♪

おはようございます、橋爪です。

地元アポイ岳の麓、アポイ山荘さんのエゾ鹿レストランで、アポイ岳の高さに合わせた値段のカツ丼が新メニューになっています。

アポ山荘さんの売店へちょっと配達があり行ったら、写真付きの新メニューがドーンとご紹介してました。

味が3種類、価格が810円と写真のお肉の量を見た限りでは、お得感がしました。まだ食べていないので3種類の味がお伝えできませんが、ぜひ食べに行ってきます。

味噌の味付けのと、醤油味とソース味でした。

昨夜の我が家の夕飯は、冷凍庫に作り置きしていた鶏のささ身肉のカツでカツ丼にしました。

野菜が何かほしいところにプランターのピーマンが食べごろになっていたので、ピーマンの素揚げもカツ丼のタレをくぐらせて具にしました。美味しかったですよ。茄子があれば、それも具にしたかったです。来年は茄子もプランターで育ててみたいです。

ページトップへ