RSS

昆布入りのお餅♪

おはようございます、橋爪です。

昨日お電話を頂いたお客様が家庭用の餅つき機で昆布入りのお餅を作るのに適した昆布はどれになりますか、とのお問合せを頂きました。

お客様は朝ごはん昆布で作った事があるそうで、その場合は昆布が細かい為に昆布がどこにあるのかがわからなかったそうです。

そこで今回は細切昆布をご注文頂きました。

細切昆布は長さがありますから、水で軽く戻してから適度なサイズに切ってお餅に混ぜてはどうかとお話ししました。

ただ、今は商品として出回っておりませんが、以前販売していた「炊き昆布」のサイズならお餅にいけるんじゃないかと思うのです。

少量ですが今回サンプルでお使いいただいて、もしもお餅に合うようなら今後商品としてご用意できるかもしれません。

ご飯をお米から炊くときに適した昆布として、「炊き昆布」を考えたのですが、あまり動きが少ないため現在では取り扱いがない商品です。

当店の昆布をお餅に混ぜてお召し上がりいただけると伺いまして嬉しく思います。

色々なお召し上がり方がある中、みなさんの食べ方を教えてもらって有難いです。ありがとうございます。

それでは、今日も一日よろしくお願いいたします。

かしわぬき風のスープ♪

おはようございます、橋爪です。

店長日記の大半が食べることです。日常の内容をありのままにお伝えしてきましたが、いつも温かくお付き合いいただきありがとうございます。

今日も美味しかったことを日記にしたいと思います。

地元のお肉屋さんの鶏の小肉が好きで時々買ってストックしておきます。この間はその小肉で、「かしわぬき風スープ」を作りました。

北海道釧路市のお蕎麦屋さんには、「かしわぬき」と言うメニューがあります。日高管内のお蕎麦屋さんでは見かけないのですが、15年前に一度食べたら、これが美味しかった♪

それからは鶏の小肉と昆布で味のベースを作って、めんつゆがメインの味付けとなる「かしわぬき風スープ」をちょこちょこ食べるようになりました。

かしわぬきとは、かしわ蕎麦の蕎麦を抜いたものです。

シンプルなんだけど、釧路市に行ってお蕎麦を食べる時は絶対必ず注文しています。お店を選ぶ時も、かしわぬきがメニューになければ違うお店を探します。

この間の我が家では、白滝の小結(キッチンハサミで食べやすいサイズに切ったもの)・きくらげ・・短冊切りの長ネギも入れてスープにしました。

鶏小肉のおダシと日高昆布のおダシが十分いかされているから、ホントに美味しかったです。

様似町で何か汁物がほしいみたいなイベントでもあれば、このスープはイチオシです♪

作り方は簡単なので、みなさんも夕飯に如何ですか?

それでは、今日も一日よろしくお願いいたします。

旨すぎます、ジェノベーゼソース♪

こんにちは、橋爪です。

鶏のもも肉と赤いパプリカを青紫蘇のジェノベーゼソースで味付けして食べました。

色・香り・味、とても旨すぎました。

綺麗な緑色がオリーブオイルと共に器の底を浸し、赤いパプリカの色も映えました。付け合わせに、キャベツと玉葱とレタスの生野菜を添えました。

ワンプレートのランチ風に盛り付けたので、お皿によそったご飯にもジェノベーゼソースがついて、こんなに美味しいんだ・・・と思いました。

青紫蘇は比較的簡単に収穫できる野菜だと思うから、これなら手作りソースがバンバン作れると思うと、食べながら嬉しくなってきました。

今朝プランターを見たら、1回分のソースになる青紫蘇の葉がゆらゆらしてました。週末にでも作ろうかと思います。

今日の様似町は曇りから雨になりました。登山をするなら涼しい方が楽だったような学生の頃の記憶があります。

様似のアポイ岳には毎年多くの登山者さんが訪れます。麓のアポイ山荘さんのお風呂で身体をサッパリしてお帰り頂けます。

レストランのメニューも多いからお楽しみ頂けますよ。お風呂上がりのソフトクリームもお薦めです。

話が飛びますが、帯広の水光園さんのソフトクリームでモカミックスがあります。これがねモカの味がバニラと丁度良くてイチオシです。

では、この辺で本日の日記は終わります。

それでは午後もよろしくお願いいたします。

アポイ山荘のカツ丼♪

おはようございます、橋爪です。

地元アポイ岳の麓、アポイ山荘さんのエゾ鹿レストランで、アポイ岳の高さに合わせた値段のカツ丼が新メニューになっています。

アポ山荘さんの売店へちょっと配達があり行ったら、写真付きの新メニューがドーンとご紹介してました。

味が3種類、価格が810円と写真のお肉の量を見た限りでは、お得感がしました。まだ食べていないので3種類の味がお伝えできませんが、ぜひ食べに行ってきます。

味噌の味付けのと、醤油味とソース味でした。

昨夜の我が家の夕飯は、冷凍庫に作り置きしていた鶏のささ身肉のカツでカツ丼にしました。

野菜が何かほしいところにプランターのピーマンが食べごろになっていたので、ピーマンの素揚げもカツ丼のタレをくぐらせて具にしました。美味しかったですよ。茄子があれば、それも具にしたかったです。来年は茄子もプランターで育ててみたいです。

梅サワー作りました♪

こんにちは、橋爪です。

この時期のスーパーに、南高梅が1kg詰めで並んでいます。

氷砂糖とお酢を1㎏づつ用意して、梅酒を作る蓋つきの容器にすべて入れて漬けました。

南高梅は全体的にクリームの様な色をしています。

ほのかに香りもしてました。この梅を一度冷凍してから瓶に漬けていくのです。

この方法はネットで「梅を漬ける」で検索したら出てきました。

とても早く漬かるのが凄いです。冷凍した梅が解けてぷよぷよしてくるから、中の梅を時々かき混ぜるときには実を傷つけないように、ゆっくり混ぜるようにしています。

昨夜見たら、梅の色が出てきたようです。

漬けて14日程経過しました。今週末に少し味見でもしようかと思っています。

上手にできたら、炭酸で割って飲む予定です。これはゴクゴクいけますよ~♪

きんぴらごぼうのサンドイッチ♪

こんにちは、橋爪です。

夕飯の残りのきんぴらごぼうをサンドイッチで食べると美味しいから、いつも通りにパンにマヨネーズを塗ったところで、ここに一味唐辛子をかけたらどうかと閃きました。

パン→マヨネーズ→一味唐辛子→きんぴらごぼう→キュウリのパン粉漬け→レタス→マヨネーズ→パン

この順番でのせて作って食べたところ、一味唐辛子が大好きな私の口にはとても合いました。

もうね、マヨネーズと一味唐辛子にきんぴらごぼうだけでご飯が食べられる美味しさなのに、キュウリの漬物もあってパンにはさんで食べたら、ピリ辛が先にやってきて、キュウリとごぼうのシャキシャキが次にやってきて、本当に美味しかったです。

なんで今までこの組み合わせで食べなかったかな・・・と思うくらい、一味唐辛子を掛けたサンドイッチは旨かったです♪

ただ、きんぴらごぼうは多少食べやすい長さに刻んだ方が食べやすいと思います。

多分、きんぴらごぼうならチーズとも合いそうだから、パンにきんぴらごぼうとチーズをのせてオーブントースターで焼いて食べてもいけるでしょうね。

今度きんぴらごぼうを作ったらチーズをのせて焼いてみようと思います。

バジルと青シソのソース作りました♪

こんにちは、橋爪です。

プランターで育てたバジルと青シソの葉でジェノベーゼソースを作りました。冷凍庫の鶏もも肉を解凍し、塩コショウで軽く味付けしたのち、作り立てのジェノベーゼソースを軽く絡めて1品完了。

実に美味しかったです!(^^)!

ソースの材料に松の実が入るんだけど、少ない量で少々お値段がします。そこで代わりに無塩のクルミを使いました。他に、ニンニク・塩・オリーブオイルをミキサーに入れてガーって混ぜて完成です。

ところが、ハッと気づいたらパルメザンチーズを入れたのを忘れました( ̄ロ ̄lll)

この時点で、すでに出来立てのソースは小瓶に詰めて冷凍庫に収まってるから、このチーズは次回の葉の収穫まで待機にしました。

青シソのジェノベーゼソースはまだ食べてないから、味がどうなのか食べるのが楽しみです。お魚にも良いらしいから魚料理にでも使ってみようかと思います。

今回のソースで思ったのは、バジルの葉をミキサーに掛けるときは短い時間が良いと思いました。以前までは、しっかりミキサーを掛けたから見た目は緑色したクリームです。

バジルの葉が粗目のソースは、食べるととにかく風味が先にやってきて、そのあとの味にコクがあって美味でした(^^♪

他にもジェノベーゼソースになりそうな野菜がないか、だし取り後の昆布がソースにならないか試してみます。

それでは、午後ももよろしくお願いします。

冷やしラーメンのたれ♪

おはようございます、橋爪です。

少しサッパリした食事にしたいと思った日は冷やしラーメンが喉ごし良いです。

キュウリの千切りとトマト・ハム、卵を薄く焼いて細切りにして具にします。

冷やしラーメンのタレは毎回手作りで、日高こんぶしょうゆを使います。昨年の夏のチラシでこのタレの作り方をご紹介しましたが超簡単です。

日高こんぶしょうゆ・砂糖(三温糖)・お酢は同量が基本です。でもお酢が少し苦手な方は、お酢の分量を減らしてください。

この他に、塩・コショウが少々(市販の混ざってるのをパッパッていれます)とゴマ油を適量いれます。

こんなに簡単なのに、口に入れた時の甘さや醤油のバランスが良く、直前にごま油を入れるためか風味も良いです。

塩・コショウは市販の、味 塩・こしょうを使っています。

このタレは、ソーメンや冷やむぎにもあいます。

子供の運動会の時に、冷やしソーメンを少し固めに茹でてタレを別容器に用意し持って行ったことがありました。

キュウリや卵の色どりも良く、ご飯物も良いけどちょっと食べるのに喜ばれました。

サッパリしたい日に、ぜひお試しください♪

野菜の汁がいっぱい肉鍋♪

おはようございます、橋爪です。

我が家の作る肉鍋にはキャベツと玉葱がてんこ盛りです。

てんこ盛りの野菜からでる汁が調味料と合わさりとても旨いです。

材料は、キャベツ・玉葱・お豆腐・豚肉(地元のお肉屋さん限定)・竹の子・白滝・凍み豆腐です。

味付けに、日高こんぶしょうゆ・だしの素(市販の顆粒タイプ)・三温糖・料理酒・みりんです。

今までに味が変だな・・・と思うときがあって、豚肉が少ない時とキャベツが少ない時でした。

豚肉も良いダシが出るし、キャベツの汁の甘味はキャベツにしか出せません。

将来的に、「キャベツのダシ」を考えて商品化してくれないかなと思ったりします。

キャベツの甘味はお料理を優しい味にしてくれるから、もしもキャベツが品薄でも「キャベツのだし」があれば豚肉と玉葱と豆腐だけでも1品できると思うのです。

「畑のだし:キャベツ」とかで何処かのメーカーさんで発売される日が来るかもしれませんね。

昆布だし・野菜だし・肉のだし、どれも大切な味の仲間です。それぞれ良い所を出し合ってですね。

それでは、今日も一日よろしくお願いいたします。

白カブのパン粉漬け♪

おはようございます、橋爪です。

いつもより茎が長めにカットされた白カブがお買い得だったので2束買いました。カブから20センチくらいの所もパン粉漬けにして、その先の10~15センチほどの部分はお浸しにして頂きました。

カブは一晩ほどで食べごろになったけど、茎の部分は固いから翌日の晩頃に程よく漬かりました。

その先の15センチくらいの部分はお浸しで食べました。茎の長いカブのお蔭で、お漬物とお浸しでたっぷりです。数日間はこの漬物が食卓に並びます。

パン粉漬けは皆さん漬けていますね。我が家では、パン粉30g・砂糖(三温糖)50g・塩30gにしています。

野菜の量を1㎏に対してです。砂糖は80gとなっていたのですが、甘さが気になって50gにしたらこれでも十分美味しいす。

塩30gを減らしたら、漬かりが悪くなりました。

いつもはキュウリで漬けます。塩だけでキュウリを漬けても一晩ではパン粉漬けのように漬かりません。やっぱりパン粉漬けは凄いなと思います。これを考えた方はホントに凄いです。

これを知るまでパン粉と言えば、グラタンの上にパラパラするか、フライにするかでした。

今日は月曜日で様似町は曇り。

ではみなさん、今日も一日よろしくお願いいたします。

ページトップへ