RSS

セール 2020年5月7日~6月30日まで

日高昆布減産の影響により、令和元年11月より通常価格の値上げ変更になっております。

お酢を使うお料理は野菜が美味しい♪

おはようございます、橋爪です。

最近の傾向でお酢を使っての味付けをするお料理を毎食のように並べています。

新鮮な大根や切干大根の味付けでお酢を使いますが、この食べ方はネットで見つけました。

お醤油とお砂糖と鷹の爪も共通で、新鮮な大根を使うお漬物の方は一度火にかけて沸騰して大根に熱いまま掛けます。

切り干し大根の方は調味料の他に日高昆布も入れますが、こちらは調味料の他に人参や生しょうがを混ぜて入れるだけです。

この簡単な方法の作り方で、やっぱりお酢が味の決め手に近い気がします。毎食食べても飽きのこないお惣菜なんてそうそう出会ったことなかったです。

もともと酢の物が好きな方だからかもしれませんが、それにしたって飽きても良いはずなのに、もう3ヶ月になりますが、無いと寂しいのです。

特に切干大根の方は、ほぼ切らしたことがないです。それだけ我が家の口にあいました。

この時期、隣町のまた隣にある町のお野菜やお花を販売しているお店で「ウド」を購入しました。このウドの酢味噌和えが唸る美味しさです。ウドは新鮮なほど香りが良くご飯も進みます。

それと我が家の近くにもウドがなってる秘密の場所があって、先週末見てきたらそろそろ収穫できそうでした。収穫を楽しみにしています。

昆布をお酢に漬けて昆布酢を作ってるお客様のお話もありましたし、お酢の巾は誠に広いですね。

地元の野菜の味が凄い♪

おはようございます、橋爪です。

様似町の隣の隣町に地元の野菜やお花を販売しているお店があります。そこではレタス・行者ニンニク・アスパラ・大根・やちぶきなどあって、この時期はそう多くの種類はありませんが新鮮な野菜が他にも並んでいました。

野菜の他に、お花や米粉やお肉も販売してました。

米粉でトルティーヤが作れるので、1袋買ってみました。確か400円くらいでした。袋には生産者さんの写真付きです。

あとは仏壇用にお花も1袋(350円で5本くらい)買いました。

この日買った野菜を夕食で食べたら甘さが凄いんです。噛むほどにと言っても言い過ぎじゃないかと思います。

夏になるともっと多くの種類が販売されます。またぜひ行きたいと思います♪

人参キムチのお鍋♪

おはようございます、橋爪です。

最近の夕飯の傾向は、冷蔵庫の中の食材の組み合わせで何が出来るかが楽しいです。

豆腐・野菜・豚肉でお鍋を作ろうになりました。野菜は、ゴボウ1/3本・長ネギ・ぶなシメジ・乾燥舞茸少量でした。人参が欲しいなと思っていたら、人参キムチが目に入りました。

我が家にあった人参キムチは、人参をサイコロ状に切って市販のキムチ漬けの素で作ったものです。

このキムチ漬けの素は粉で出来てて、辛みもあり旨味もありの優れものです。大根や小松菜もこれで漬けたりしています。

お鍋にこの人参キムチを入れたら全体的にキムチの色が回り、みそ味のお鍋が色濃くなったようでした。

このお鍋、ある材料で作りましたがかなり美味しかったです。

今回のおダシは、日高昆布を10㎝くらいを2本使いました。

翌日の朝食ではここに冷ご飯を入れて、おじやで食べました。その際、長ネギを少し乗っけて食べたのです。

キムチに漬けた人参をお鍋に入れたのは初めてでしたが、白菜のキムチ漬けをお鍋やビビンバに使うこともあるのだからこれからも何かに調理できると思いました。

食べる話題の多い店長日記ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

それでは皆さん、今日も一日よろしくお願いします。

つゆだく豚丼♪

おはようございます、橋爪です。

切り落としの豚肉で、つゆだくの豚丼にしてみました。ついでに玉葱も沢山入れて作りました。

今回は切り落としの肉を包丁で切るのではなく、手でさくようにしてみたところ大きさは不揃いですが、妙に美味しいのです♪

お肉の見た目は、長めのヒョロヒョロした感じになります。

切り口はお肉が引っ張らさってち切れるので、なんと言うか断面はボロボロだからなのか味の浸透が違うのと、お肉の旨味の出方が違うような気がするんです。

この方法での調理では、お肉を口に入れた時も「噛みやすい♪」とも思いました。

ずっとお肉は包丁で切るものでしたが、たまたま手でさいてみようが上手くいきました。手は脂でヌルヌルになりますが、思った以上に美味しくできました。

テレビで見たつゆだくの牛丼のように今回の豚丼はつゆだくにして、玉葱もトロトロになるくらい煮ました。

汁が多めのご飯は、食が進みますね。

山椒やきざみ紅しょうがを乗っけて味変も楽しめます。

つゆだく・玉葱いっぱいの豚丼、今晩の夕飯にどうですか?

冷凍餃子の味が素晴らしい♪

こんにちは、橋爪です。

ドラッグストアの冷凍食品コーナーで、水・油・フタがいらない餃子というのを買いました。本当にフタもいらないの?と思い焼いて食べたところ、餃子の焼き目の所はパリッパリで美味しいったらありゃしない・・・でした。何個でも行けそうな美味しさです。

今まで食べた冷凍餃子の中では昨日のが一番美味しく感じました。次回も冷凍餃子はアレにしようと思います。

先日、おかずをお裾分けでご馳走になったのが、野菜と春雨で作るお惣菜です。

材料は、春雨・キュウリ・カニカマ・レタス・キャベツです。味付けには、黒酢玉ねぎドレッシングとポン酢です。お好みで豆板醤の辛みを入れると辛いのが好きな人にはまず喜ばれます。

私も春雨の中華あえみたいなのを作ってきましたが、ゴマ油とお醤油と豆板醤で味付けするから多少お醤油とゴマ油の味が強く感じました。

でも、この黒酢玉ねぎドレッシングとポン酢(レモン入りポン酢も最高♪)の味付けにすると、サッパリなのに野菜も春雨もそれぞれの味がバランスよく美味しいのです。レタスは1玉使います。多く作って翌日も食べました。

キュウリは一度軽くお塩でもんで5分くらいしてから、お水で洗って味付けしました。この方がキュウリの青臭さが抜けて美味しくなるように思います。

春雨サラダと聞いてイメージしていた色はお醤油の色だったのが、このサラダは素材の色だけでした。あら?味付けはどんななのかな・・・?と思ったものです。

違うお家の味で、また1品お惣菜が増えました。

春雨サラダ、いかがですか?

ほーれん草とシーチキンとゴマ油のお惣菜♪

おはようございます、橋爪です。

出勤前にテレビの音だけを聞いて支度していたら、「ほうれん草」と聞こえました。昨日の夕飯にそういえば食べました。お浸しではなくて、シーチキンの缶詰とゴマ油と根昆布しょうゆで味付けして食べました。

以前ほうれん草の代わりに小松菜でもやってみましたが、水分をギュッと絞ってから味付けすれば良かったのか、どうも水っぽくて美味しく感じなかったです。ほうれん草だと軽く絞るだけで味の染み込みも良く、翌日になるとまたまた染みて美味しいです。

今日はほうれん草を食べようと思ったら、この味付けで如何ですか。お好みですが、ピリ辛のラー油を掛けて食べてもいけますし、白ゴマをすって混ぜてもお勧めです♪

自家製ピザ作りました♪

おはようございます、橋爪です。

先日のパン作りを話したところ、今度ピザを作るんです・・・との話を聞いて、ピザがとても食べたくなりました。

強力粉と薄力粉、ドライイースト、バターがあればネットの簡単な作り方で3枚分の生地ができました。

具に、ぶなしめじ・ハム・ピーマンがあったので載せて、仕上げの段階でブラックペッパーとオリーブオイルを掛けて焼きました。

生地を薄く薄く延ばして焼いたのも良かったような仕上がりで、機会があればチーズの種類を2種くらい乗っけたいなと思いました。

それでは、今日も一日よろしくお願いいたします。

残った野菜と鶏肉の玉子丼♪

おはようございます、橋爪です。

冷蔵庫にある野菜と鶏肉で玉子丼にしたら思いもよらないくらい美味しかったです。

長ネギが10㎝と15㎝のが各1本、茄子1本、人参1/2本(しなしな状態)があって、鶏のむね肉は3/4ほどでした。

いつも玉葱で親子丼や他人丼を作ってましたが、長ネギで作るとこんなに美味しいのかと食べて驚きました。

まず長ネギの甘さが玉子丼に合います。茄子も優しい味になって美味しかったし、しなしなの人参はまるで一度ボイルしたかのような柔らかさでした。

出来上がった時の全体的な色合いもすこぶる良かったです。

以外だったのは、しなしな人参は皮をむくといつもよりオレンジが強く出ていました。

そして長ネギの緑と玉子の黄色、変わり色で茄子の色など一つの器に綺麗な色合いがバランスよく、見た目も美味しく感じられました。

鶏肉の皮も良く炒めて丼にしたのが良かったのか、味がまろやかに仕上がりました。

いつもの玉葱を使った玉子丼を作ったとき、味がとがった感じの場合には「天かす」を入れてまろやかにしていましたが、長ネギの甘味の力で本当に優しいまろやかな玉子丼でした。

それに長ネギだと火の通りが速くて調理時間も短かったです。

次回もぜひ長ネギで玉子丼を作りたいと思います。

今回、長ネギの甘さに改めて惹かれました♪

それで長いネギと朝ごはん昆布をゴマ油で炒めてご飯に混ぜてみようかと思います。この味付けをどうするかは、もう少し考えてみます。

では今日も一日よろしくお願いいたします。

プチフランスパン作ってみました♪

おはようございます、橋爪です。

本の整理をしていたらパンの料理本が出てきて、見ているうちに何か作りたくなりました。小麦粉・ドライイースト・バターがあったので「プチフランスパン」に挑戦しました。

作った日のお天気が良かったのでパン生地の発酵は室温でも大丈夫でした。焼きあがったパンは香ばしくパンの周りはカリカリで美味しかったです。

10個作るレシピを参考にしたので、半分はそのまま食べて、3本はスライスしてコンソメスープの中に入れ、卵でとじてスープのように食べてみました。

期待が半端なかったのですが、この味はまるで普通でした。

特に感動もなく、コンソメとパンと卵の味でした。ここにチーズでも入れたら良かったのかなと、玉葱を炒めて茶色くなるまで炒めて入れると良かったかなと思いました。フランスパンはもう一度作りたいと思いましたが、このスープを改善したのはまだ先にしたいと思います。

また別日に山形食パンに挑戦しましたが、これがとても重たいパンになりました(笑)見た目は可愛らしい山形の食パンなのに、家族でさえも「このパン、重いね」と言われました。

本当に重かったです。このパンを一枚焼いて食べたら、一枚食べたとはと思えない満腹感に襲われました。肝心の味ですが、期待とは程とおく、まるで普通のパンでした。

パン専用の粉でも手に入れて、風味をよくするためにはイースト菌も変えないととか色々考えたりしましたが、これだ~と言うような材料は思いつきません。まずは札幌に出た時にでもパンの粉を1kgくらい買ってきたいと思います。

様似町にパン屋さんがなく、隣町のパン屋さんは早めに行かないと無くなるくらい人気です。そこのピザも美味しくてイチオシです。我が家ベーカリーの次の挑戦は、ピザにしてみます♪

ポン酢の量の目安

こんにちは、橋爪です。

先ほどの「ニンニクと鶏肉あればこの1品♪」で簡単な調理方法をご紹介した中に<ポン酢と三温糖を小さじ1杯>とありますが、三温糖は小さじ1杯ですが、ポン酢はざっくりと大さじ3杯です。

ポン酢はこれより多めに入れても大丈夫です。その際には、三温糖の量を変えれば良いです。鶏肉を焼いた後なので、汁の中に塩味も出ているから三温糖を入れないと少し塩辛いのです。

では、この後もよろしくお願いいたします。

ページトップへ